第28号
韓流の実力 -産業から文化に及ぶ-
 

TVの韓国ドラマが多すぎるという発言で人気スター夫婦の仲がこじれたようだ。
NHKの紙芝居的、スター総動員の大河ドラマに比べて韓国のドラマはリアリティもあり本格的だ。
コンテンツが大量に輸入されるのは日本のドラマの貧困さを物語るのだろう。
それよりも気になるのは電気・自動車といった日本の主力産業でいつの間にかトップをうばわれたという事実であり、且つそれが文化的分野にも及んで来たという点である。
文化は本来余裕から生れる性格であり、そこに充分な金が廻り、世界に通用するグローバルなレベルをもつ作品を作る力をもってきたという事であろう。


コーナーに戻ります