第30号
橋下市長 -大阪の改革を期待-
 

具体的な人物評論はやったこともないし、それだけの情報や直接の見聞もないが、さすがに話題の人としてメディアの露出も突出しており TVなどでその人となりや思考の手順及びやりたいことの<意味>をつかむことは出来た。過去の選挙での<選択>がきわめて ? であった為、知事選での結果も同じパターンかと思っていたが<人物>が別格のものと感じるようになった。特に今回の選挙を通じてその点が浮き彫りになったと思う。 私見だが、ポイントを…
・勇気ある人だ-問題や抵抗をおそれない
・協力は求めるが基本的には自ずからの足で立つ人だ
・本質に迫る能力が高い-他の人の影が薄くなる
・思考が柔軟だ-地域政党/市長選への出馬など仲々思いつかない
・実行力に富む-思想的な骨格にふれない限り、妥協もする
・現場感覚がある-経験を積んで磨かれてきた
・ネットワークを作る能力がある
・説明/交渉能力が高い-よく本質が解っているからだ
・若いだけでなく、エネルギッシュなタイプだ
・二重・三重のシガラミがないフリーハンドの強さを感じる
…などベタホメに近いが、規模/レベルは異なるものの 問題山積の神社経営を引き受けて以来の手の打ち方に近いものを感じ、共感。
一部雑誌が出生からの諸問題を取り上げるなどマスコミのいやしさを感じさせるが、あくまで本人と仕事にしぼって論評をお願いしたいものだ。仮に独裁者であっても、他国と違って選挙の洗礼が待っている。

 


コーナーに戻ります