第59号
徹底防犯は国防と同じ
 
中核都市の中心にある小高い丘陵の上に神社があり、24時間誰でも出入り出来る環境もあって、平成8年の着任以来 大小様々な不法行為/犯罪行為に対応することとなった。
自づから山林/竹林を含む全社を隅々まで見て廻り、朝/夕のネコ・小鳥のエサやりは境内チェックの為でもあった。
この間すべての情報や出来事及び耳にした話や目にした行為を可能な限り記録化し、その都度機敏に対処して手を打った。
この間 防犯システムも画期的なレベルアップと低価格化が進み、昨年から今年にかけてネット型看視システムを導入した。
社員は勿論 関係者は自分のパソコン/スマホを通じて24時間この社を看視することが可能になった。
午前2時頃 タヌキが出てきたといったレポートも届く昨今である。
犯罪エリアと決めつけてきたこの杜も今では不法行為はゼロ化し 夜間来場はなくなった。
閑散としているようだが<おさいせん>は増え、ご祈願者の伸びもおどろくべき水準だ。
国防はすべての基本である。安心・安全あっての経済・文化立国だ。小さなエリアの内で実感する昨今である。

コーナーに戻ります