こ こ が 天 神 さ ん

JR高槻駅から徒歩わずか10分。これだけのアクセスの良さで別世界の境内に身をおくことができるのです。1996年12月1日付け朝日新聞に掲載された「出雲の銅鐸10の謎ー加茂岩倉遺跡」の記事中、次ぎの内容があります。今回の出土地は「岩倉」。荒神谷は「神庭」(かんば)。 十四個の銅鐸がでた神戸市の桜ヶ丘遺跡は「神岡」(かみか)。大阪府岸和田市の「神於」(かみお)。高槻市の「天神山」(てんじんやま)、和歌山県田辺市の「岩倉山」(いわくらやま)など銅鐸が見つかっているのは、いずれも神のいる場所にかかわる地名ということです。ここによる<高槻市の天神山>とは当社鎮座地を示します。

そして周辺は・・・・・

─古墳と社寺─

みどり深い祈りの森への誘いです。



コーナーに戻ります