環境保全活動


森林資源の枯渇、地球温暖化、間違いなく次世代を直撃する惨事といえる状況が近づいております。都心のなかの<みどり>の杜と社である弊社はこの問題に足元から積極的に取り組みます。


破壊しない
・建造物、構造物を増やさない。
・ゼロエミッションの基本をつらぬく。
・竹林、雑木林を保全する。
省エネに徹する
・夜間の照明は一切しない。     
・無人化、機械化、IT化をすすめる。
・自然エネルギーを活用する。    
悪化を防止する
・"祈り"の場にふさわしい利用に限定する。
・参拝者以外の駐車(アイドリング)はお断りする。
・過剰消費につながる<人寄せ>行事はしない。
維持効果と費用をハッキリさせる
・みどりの杜の<経済効果>を測定する。
・受益者負担の方向を順次具体化する。
・維持、管理コストの増加につながるマイナス行為をゼロ化する。
関心を高める
・関連講演、会合、実例見学の場にする。
・環境保全新技術を取り入れ、PRの場に利用いただく。
・パーマカルチュア(永久的農業)に端緒をつける。
 
持続可能な社会を目指して関心を同じくする個人/団体/企業の皆さんと
連帯、連携をすすめて参ります。


コーナーに戻ります

トップに戻ります