この絵巻は、菅原道真公の生涯と北野天満宮の草創を記したもので、長禄三年(1459)に作られた全六巻のものです。それに先立ち、絵を伴わない詞書のみが嘉吉三年(1443)に筆写されています。(宮崎健司氏)

平成14年は菅原道真公の「御神忌1100年記念」にあたり、全国の天満社ではそれぞれの記念事業が検討されております。弊社では今回公表しました<絵巻>を平成13年に、東京・福岡・大阪の3会場で予定されております「菅原道真と天神信仰の美術」に出品協力を決めており、本年からその準備に入ります。

弊社ではこの度ホームページ内に[てんじんミュージアム]というコーナーを設け、この絵巻の画の部分のみを巻数と画数をコード設定し公開することにしました。一切の説明は付けないので、画をつなぐ物語についてはそれぞれの皆様の想像力で補っていただきたいと思います。
サブネイル画像をクリックしていただくと、拡大画像をごらんいただけます。
ただし画像が若干重いので、ご注意ください。またこの画像に関しましては
 お問い合わせなどについては残念ながら対応できません。


巻その1    ( )内の数字は画像のおおよそのdata量です

1-1  (26k)

1-2       (31k)

1-3       (35k)

1-4       (34k)

1-5       (35k)

  

  

  

  

  

  

巻その2   ( )内の数字は画像のおおよそのdata量です

2-1       (48k)

2-2       (43k)

2-3       (32k)

2-4       (61k)

2-5       (76k)

2-6       (37k)

  

  

   

  

巻その3   ( )内の数字は画像のおおよそのdata量です

3-1       (25k)

3-2       (38k)

3-3       (39k)

3-4       (38k)

3-5       (35k)

3-6       (29k)

3-7       (29k)

3-8       (32k)

巻その4  ( )内の数字は画像のおおよそのdata量です

4-1       (28k)

4-2       (52k)

4-3      (50k)

  

 

 

 

  

巻その5   ( )内の数字は画像のおおよそのdata量です

5-1       (48k)

5-2       (63k)

5-3       (54k)

5-4       (33k)

5-5       (39k)

5-6       (28k)

  

  

  

  

巻その6   ( )内の数字は画像のおおよそのdata量です

6-1       (42k)

6-2       (37k)

6-3       (37k)

6-4       (63k)

6-5       (25k)

6-6       (39k)

6-7 (27k)

  

  


トップに戻ります