モモから”もも”へ

―すっかり大きくなりました―

 平成20年9月の大雨の日に、泣きながら崖を這い上がり足元にうずくまった子猫のももは
<可愛い顔>から女の子と誤判断され、命名去れました。その後男の子であることがわかり
、やむなく「桃太郎」と改名。最近はこのように凛々しく、イケメンの成人となりました。
ここで再度改名、呼びやすい”もも”と呼ぶことに決めました。合掌。

平成20年9月入社
平成22年9月吉日

コーナーに戻ります