竹林整備経過パネル設置
 長らく放置され荒れ放題のジャングル化した6000坪の境内竹林の再生美化が完了。
年月と人手と専門知識に加えて多額の費用が投入され、今後ご奉仕団/筍ご寄進者中心に運営。関わった多くの方々と団体の内、主だった皆さんの名を挙げ感謝するパネルが入り口に設置されました。尚、この竹林&花木園の完成に対し代表役員の母校、慶応義塾大学法学部法律科34年卒A組の同級生から、香り高い  梅3本が寄贈されました。
コーナーに戻ります