萩生田光一先生
文部科学省担当大臣に
  弊社前宮司とのごえんがあり、何かとご教示を得ている自民党衆院議員<萩生田光一先生>が
  この度の内閣改造人事で文部科学省大臣を任命され、入閣を果たされました。
  政界にコネを持たない先生が志をたて都議会議員から登り詰め国政の重要ポジションをご担当に
  なる事は時と場を得た・・・という実感です。
  首相(トップ)のゆるぎない信頼関係をもとに次々と要職を経験されての今回の人事は国の将来を
  決める<教育>の場に新しい、しかし重厚な人柄の先生は適任という他ありません。
  今後の縦横無尽の活躍を期待する次第です。

  尚、弊社の経営を預かっている代表役員の祖父は戦前の衆院議員であり政治の世界の人でした。

コーナーに戻ります